五頭自然郷をつくる会

 森のこだま

五頭(ごず)の山麓には木霊(こだま)を感じさせる大自然があります。
この大自然を守り、「大自然と人が織りなす癒しの空間」をつくる夢を持っています。


五頭山麓いこいの森「ご神木・いこいの森の主」

 

ここは新潟県阿賀野市の五頭連峰県立自然公園に位置します。
「森のこだま」は2013年より地元・畑江の方とこの自然に惹かれた人たちで仲間となり、「五頭山麓いこいの森」「五頭薬用植物園」とその周辺地域で活動をしています。
 

五頭自然郷をつくる会「森のこだま」

 

この地域~「五頭山麓いこいの森」とその周辺地域は、世代を超え多くの方々に親しまれている場所です。この大自然に抱かれ、 長い年月沢山の笑顔が溢れています。
この癒し溢れる大自然を守り、人と自然を繋ぎ、憩い・癒し・元気になる「五頭自然郷(いつつむりの郷)」を作っていきたいと思っています。

木霊(こだま)が溢れる清らかな自然、心地良い安らぎの自然郷が永遠に続くように。
 

自然に触れることが求められる現在、時代のニーズにあった「人と自然を繋ぐ場所」として、五頭の自然らしさを大切にし、新潟県や阿賀野市の貴重な財産として後世へ繋いでいきたいと思います。

「森のこだま」規約(抜粋)

  • 自然と人と生き物が共生する場所であること。 
  • 身体的・精神的弱者も受け入れられる…あらゆる人が大自然の懐に抱かれる場所としていく。
  • 日本の自然との関りを大切に、伝承出来る場所としていく。


ここの自然に敬意を持ち、これまで大切にされてきた多種多様な生命あふれる自然を繋げていくことを中心としていく。
 ここは自然が主。人間主体とならないこと。
人間に合う場所を自然と共存を主とする。

人間は、自分らしさを失うとひずみが生じます。

自分らしい自然な自分は、自然が導いてくれます。笑顔は人が引き出してくれます。

心身が辛い時に行く場所があること、それを目標にするだけでも、自身も家族も希望をもって生きられることがあります。そしてそんな時に触れた自然は涙が出るほど優しい存在です。
 

小さな子から年配の方まで、ここを訪れたみんなに幸せのプラスがありますように。心と体の元気を蘇らせる多くの方の自然の故郷となれることを目指しています。

五頭(ごず)はかつて「いつつむり」=「五つのツムリ(頭)」と呼ばれていました。

古来から自然を敬い大切にされてきた「いつつむり(五頭)」。
その山麓が「五頭自然郷(いつつむりのさと)」= 「大自然と人が織りなす癒しの空間」となることを思い、
私たちは活動しています。

ここの活動と動物たち➡

「森のこだま」は 2013年に発足し「畑江の森散策道」「出湯電気山道散策道」の整備を始めました。
2014年より「五頭山麓いこいの森」、2022年度より「五頭薬用植物園」の指定管理者となりました。
縁のあった動物と一緒に、「五頭山麓いこいの森」を中心として皆様をお迎えしています。

現在の主な活動

「畑江の森」の手入れ、「出湯電気山道」の整備、「五頭山麓いこいの森」「五頭薬用植物園」の管理を行い「いつつむりの郷」づくりを目指しています。
・永続的に森と人と生き物が共生できるように、丁寧に自然をみながら森の管理をしています。 

・大自然だからこその体験が皆様にしてもらえるように、様々な試みを行っています。

「畑江の森散策道・出湯電気山道の管理」

 2013年~、荒廃しクズで覆われた畑江の森に手を入れ散策道をつけてきました。

 現在は、散策道の管理また森に戻すため植生をみながら管理をしています。
●散策自由

五頭山麓いこいの森 
(阿賀野市 指定管理)

2014年度~「森のこだま」指定管理。50年以上も長く多くの人に親しまれてきた場所です。清流・大荒川沿いに広大な森が広がり、散策やキャンプができます。
高齢でも体が不自由でも訪れることができる場所に、大自然だからこそ心に残る自然体験を提供したいと思っています。

 ●川遊び・散策自由(繁忙日有料)
●キャンプ(デイ・宿泊)は有料。

五頭薬用植物園 
(阿賀野市 指定管理)

2022年度~「森のこだま」指定管理。昭和59年に五頭山麓いこいの森の中約13,000㎡にオープンしました。
新潟薬科大学が1986年に設置し、現在は阿賀野市・五頭薬用植物園です。植物を身近に感じ、人と自然との関わりを感じられるような植物園
 ●入園は自由・無料です。




五頭自然郷巡り・五頭登山

五頭で温泉・周辺観光・五頭の歴史

ここの自然

Twitter

(ツイッター)

「いつつむりの郷」の
日常です。いこいの森の利用情報についてもお伝えしています。

ブログ

丁寧に自然を見つめた記録です。幸せそうな自然の世界を感じて下さい。
動画もあり。

ブログ・フォトギャラリー

森の話・木の話・五頭の植物の話

森の基本知識や五頭の植物。樹木医さんの勉強会の話も掲載。(森や木の手入れ法)

草本雑記

「森のこだま」の長老の話。現代では貴重な、山と共に生きてきた方です。
生活そのものが自然と密に関わってきた、植物の記録です。

 五頭自然郷は、夢、色とりどりです。
「こんなことしてみよう!」「こんな事したら嬉しいかも!」… みんなの夢が重なって、生き物のように変化し続ける五頭自然郷。

  あなたも仲間になりませんか。

男女・年齢問わず。
自然の中で、ゆっくりしたい人・動きたい人
やりたいことある人・ない人
※森の手入れ、お迎え(おしゃべり)、烏骨鶏見守り、薬草や木の加工…他、色々あります。

(お問い合わせ)
五頭自然郷をつくる会「森のこだま」

Google Maps のコンテンツは現在の Cookie 設定では表示されません。"コンテンツを見る"を選択し、Google Maps の Cookie 設定に同意すると閲覧できます。詳細は Google Maps のプライバシーポリシーをご確認ください。Cookie の利用は、Cookie 設定からいつでも変更できます.

コンテンツを見る

(指定管理)
「五頭山麓いこいの森」
「五頭薬用植物園」

(場所)
阿賀野市畑江24 周辺地域

(連絡先)
080-6519-0273
gozuikoi2013.yahoo.co.jp